2021年5月16日

サロン参加お申込フォーム

母の日にオープンしました、

スイミーひろば。

 

おかげさまで続々とご登録いただいております。

 

誠にありがとうございます。

 

作って良かった〜、が本音です。スタッフfumiです。

 

私は、スイミー事務局の一員になって2年目です。

 

その前は、れっきとしたスイミー参加者でした。

 

参加者歴>事務局歴

 

まだ、気持ちはどこか参加者のまま。

 

たぶん、この気持ちのままず〜っとスタッフを続けていくんだろうなぁと思っています。

 

そして、先日How toっぽいブログを書きましたら、予想をはるかに上回る閲覧数を頂きました。

 

その数233!
公式LINEの登録者数が478なので、ほぼ半数の方にクリックしていただいた、ざっとそのような計算です。

 

読まれてこそのブログですから、これがどれほど光栄で、ありがたいことか。読んでほしくて書いているから、ただただ嬉しいです。

 

なので今日もHow toブログ、続編です。

 

実は私も、ひろば登録をして、ワクワク会に申し込みました。

 

コロナ禍で、会場の収容人数が約半数の利用制限を受けていたりするご時世ですからね。
早めに申し込まないと、すぐ満席になってしまうのです。

 


画面❶

このサロンに申し込む、をクリックします。

 


画面❷

サロン名と開催日時は、自動表示されます。

正しいか確認をお願いいたします。

 


画面❸

「託児なしの場合でも」うんぬんかんぬん。

 

この情報は、どうして必要?

かつて私はスイミーさんに質問したことがあります。

 

理由はいくつかあります。

例えば、このお子さまの情報を元に、サロン講師の先生方は内容をアレンジされたり、より参加者ママさんに必要な情報を伝えるべく、何歳の何ヶ月のお子さんの子育て中なのか、とても参考になさるそうです。

 

そして私がスタッフになってからは、このお子さま情報を元に、リサイクるんの子供服をサロンに持ち込むようになりました。

 


画面❹

お申し込みフォームの最下部。

よくある、書き込み欄ですね。

 

私は参加者の頃から、ここにメッセージを書くようにしています。

だってこれを読むのはスイミーさんだから。

 

現在は、ここをスイミーさんのみならず、各サロン主催者の先生方がご覧になります。

 

この画面では、かなり味気ない一筆箋になっていますが、「テスト送信じゃないよ」って明記しておかないと、fumiさんどっち?と聞かれてしまいます。

 

かつてはここに、最近の体調、子供の話、子育てのモヤモヤ、嬉しかった些細なこと、スイミーさんへの御礼、などを書いていました。リマインドメールに必ずお返事を下さるので、それもスイミーに参加する楽しみの一つでした。

あ〜こんなことを書いていると、当時が懐かしくなります。

 


画面❺

もう一度、すべての入力内容を確認したら、送信ボタンを押します。特に、メアドの入力にはご注意ください。

 


画面❻

お申し込み、ありがとうございました。

 


画面❼

ご入力いただいたメアドに、自動送信メールが届きます。

大丈夫ですよ、事務局にちゃんとお申し込み内容が届いていますよ、という証です。

 


画面❽

自動送信メールの内容も、念のためご確認ください。

 

お申し込みフォーム→自動送信メール

この1セットでお申し込み完了となります。

 


 

ちなみに、私が申し込んだのはこちら。

足ふみマリコ先生、もうお名前(講師ネ〜ム)からして気になります。

 

どんな方なんだろうな〜

スイミーで初めて出会う先生✨

 

この先生との出会い、ご縁がたまらん!

私がいつまでたってもスイミーを卒業できない理由です。

投稿者:fumi

TOP