2020年8月25日

図書館へ

ギックリ腰は9割方、治りました!スタッフのfumiです。

 

 

助産師mikan先生の水族館ブログを読んで、
私が満たされるのは何処かなぁと思ったら、

 

“図書館”でした!

 

コロナ自粛で図書館が閉まったのも困ったし、
自粛明けは図書館がいつ開くのか確認したし、
私にとって図書館は当たり前のように生活と繋がっていました。

 

当たり前だと、その存在価値をつい忘れてしまう。

 

 

そして週末、娘と図書館に行って来ました。

 

ギックリ腰7割くらいの体調でした。
娘の要請でベビーカーで行きました。

 

途中、コンビニでパンを買ったり
途中、猫じゃらし草を摘んだり
途中、こまめに水分補給をしたり
途中、コンビニでプリッツ買ったり
途中、重量挙げの練習を見学したり
途中、道端の親切なベンチに腰掛けたり

 

ママチャリだと10分の所が、

1時間10分かかりました(滝汗)

 

3歳あるある、ですよね!?

 

私は3歳を育てるのが二度目なので、

 

3歳が「○○に行きたい」と言い出したら、
今日中に到着すれば良し、という覚悟で出かけています。

 

 

その昔、
娘を妊娠中の私と絶賛イヤイヤ期の息子。
15分の帰り道を、1時間30分かかって帰宅し、

夫に労われなかった
という“良い”思い出があります。

 

苦労は人を成長させますね。

 

 

さて、図書館に到着。

 

子どもの寝かしつけ本を借りるのが目的ですが、

 

産後二年目くらいの時、

読書が昔の趣味だったことを、ハッと思い出しました。

 

すごく久しぶりに、自分の本も借りるようになりました。

 

 

借りても1ページも開かなかったり、
表紙だけ声に出して読んだり、
短編集に挑戦して1篇だけ読めたり、
1日だけ読めるとこまで読んで返したり、

 

意外に読めなくてもへっちゃらでした。

 

図書館に行くだけで私は満たされるみたいです。

 

 

先日は、ケータイを触る時間を減らしたくて借りに行きました。

 

夕食後に読んでいると、子ども達が珍しがって寄って来ます。
「おかあさんは、どくしょ、をしているのよ」と、
ついでに『読書』って言葉を教えることができました。

 

子ども達も、どくしょ、をするようになりました。

 

 

ママになってからは、図書館の“育児”や“生活”のコーナーをのぞくようになりました。

 

今回も色んなタイトルが、目に飛び込んで来ました。

 

●最新はじめての育児
●35歳からの妊婦・出産
●笑うお産
●赤ちゃん苦手かも?と思ったら読む本
●0歳からみるみる賢くなる55の心得
●2〜3才からの脳を育む本
●忙しいビジネスマンのための3分間育児
●孫ができたらまず読む本
●ボケない片づけ
●なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか
●生きる哲学としてのセックス

 

 

ツッコミたくなるタイトルだらけ

 

この配置は、司書の方の嗜好なのかしら。

眺めているだけでも面白いです。

 

 

この日は、ギックリ腰に配慮して、

薄くて軽い本だけ(写真のもの)を借りて帰りました。

 

 

帰り道は娘が眠ってくれたので、アイス屋さんに寄り道。

 

内緒で食べるのをグッと我慢して、家族の分を買って帰りました。

 

mikanさんと、やってること一緒。

家族の好物を奮発して買って帰りました。

 

 

あぁ、私達ってイイママだわ。

 

 

 

子ども達が成長し、いつか私と口をきいてくれなかったり、一人で悩みを抱え込んだりした時に、図書館が彼らに生きるヒントをくれる場所であると良いなぁ、と願っています。

 

そして、ここ、ふれあい子育てサロンスイミーも、ママさんを満たす、とっておきの場所になれたら素敵だなぁ、と思いました。

投稿者:fumi

TOP