2020年11月7日

親子で快眠できる習慣づくりのヒント☆朝は明るく夜は暗く

こんにちは。
助産師mikanです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

親子で快眠できる習慣づくりのヒントを
シリーズでお伝えしています。

 

これまでのブログで
「夜泣き・寝ぐずり・寝てくれない」の原因は

「体内時計のずれ」と
「寝かしつけの習慣」

 

体内時計を地球のリズムに
合わせるために、
朝起きたら太陽の光を浴びよう

 

とお伝えしました。

 

今回は、
太陽の光を浴びて起きた後の
過ごし方についてです。

 

太陽の光を浴びて
体内時計がリセットされたら、

 

朝は明るくにぎやかに
夜は暗く静かに過ごす

 

できるだけ
午前中は活動的に過ごし
午後の昼寝の後は
お日様が沈むのに合わせて
ゆったりと静かに過ごしてみましょう。

 

 

夜に明るくにぎやかな生活をしていると
体内時計が昼だと勘違いし、
昼夜逆転したり、
眠りのトラブルを引き起こす原因になります。

 

できるだけ夜はテンションを上げずに
親子でまったり過ごしてくださいね。

 

 

体内時計を
地球のリズムに合わせるには

 

朝同じ時間に起きて、
太陽の光を浴びること

 

日中は活動し
夕方からゆったり過ごし
夜同じ時間に就寝すること

 

が大切です。

 

これを意識した生活を心がけていくと

いつの間にか眠りのトラブルが

気にならなくなると思いますよ。

 

 

それでは
長くなってきたので
続きはまた次回にお届けします。

 

≪秋の特別企画≫

11/24(火)赤ちゃんとママのための睡眠・授乳
もまだ募集中です。(残り5組さま)

こちらの講座では
ブログでは書ききれない最新情報や
親子で快眠できる生活習慣について
具体的にお伝えします。
お申込みはこちら

 

 

【今日のまとめ】
パパと遊ぶ時間を夜から朝に変えてみよう

投稿者:助産師mikan

TOP