2021年5月6日

私のスイミーひろば

スイミーひろばスタート。

 

ひろば特典、最大の目玉は「ワクワク会」。
開催する私たちがワクワクするから、その名が付いた。

 

ワクワク会は、この期に及んで敢えて対面にこだわっている。

 

引き続きスイミーは、感染症防止対策を徹底する。

 

場所が限られ、人数が限られ、距離が限られ、時間が限られてもなお、お母さまと繋がりたい。

 

スイミー代表の言葉「ふれ愛」が、スイミーひろばで形になろうとしている。

今朝も、スイミー事務局スタッフで、ワクワクZoomミーティングをやった。

 

GW明けに、オンラインでも繋がれるのは嬉しいし、顔を見ればただただホッとする。

 

すっかり、オンラインにも慣れて来た私たち。これが新しい生活ってヤツなのね、すっかり。

 

オンラインミーティングの最後は、いつも記念写真(画面キャプチャ)をリクエストしている。

 

何だか、この瞬間がとっても尊いような、妙な気持ちになるのだ。

 

コロナ禍で会う人、話す事、選ぶ物、行く所って、私の中のとっておきな気がしてならない。

 

あいかわらずのTVの数字報道。
ついに、3桁から4桁へ。
増えていく数字が気持ち悪いやら怖いやら。

 

でも負けない、私は生きている。

 

仲間と一緒に生きている証を遺したくなるの。

 

この不思議な気持ち。

 

コロナ禍の私の気持ち、ちゃんと受け止めている。

 

 

スイミーひろばは、5月スタートでハイ出来上がり!

 

ではな〜い

 

我が子みたいに成長してゆく、と密かに思っている。

 

みなさまに愛されてスクスク育てよ、スイミーひろば。

 

であ〜る

スイミーひろばは、これまでのスイミーの進化形。

 

スイミー10周年目の2021年だからこそ、辿り着いた場所ではないかしら。

 

スイミーひろばは月額制(5月は無料)
サブスクリプションに挑戦だ〜い!

 

対面とHPとオンライン、3つの“繋がるサービス”を提供してゆく。

 

 

スイミーひろばで、私も新しいことをやりたくなった。

 

今まで書いていなかった娘のブログを書いてみよう。

 

書くことで、見えていなかったものが見えるかもしれなしい。

書き出すことの美点ブログを参考に)

 

 

スイミーブログを書くことが、私の娘育児法になるやもしれぬ。

 

いつも第一子のお兄ちゃんばかりを熱心に育てているので、そろそろ二番目娘も育ててみよう。

 

 

私のやり方

 

小さな新しいこと

 

スイミーひろばでなら、できると思う。

 

私は私でやってみよう!

投稿者:fumi

TOP