2021年6月13日

スイミーコンシェルジュ

スイミー参加歴5年生のわたし。

 

2016年の第一子から、の〜んびりマイペースで続いている。

 

2020年に事務局スタッフになった。

写真は、昨年冬の託児の1コマ。

 

 

【 参加履歴※当時のサロン名です

手遊びベビーマッサージ

ホッとひととき保育

託児つきヨーガ

アイシングクッキー
心理学の講座
幼稚園座談会
マネー講座

モンテッソーリ教育講座

セルフカラー講座

メイクレッスン
数秘講座
おうちでアロマテラピー
ビジョンマップのワークショップ

ピンクカラー講座

ホッとひと息カフェ

 

 

つい最近も、スタッフになっても、

まだ参加している。

【開催報告】足ふみ天国

 

5年も参加してて、まーだ飽きない。

 

その理由は、新しい先生方との出会いだと思う。わたしは人間が好きだ。

 

スイミーでは、20人以上の先生方が20種類以上のサロンを開催している。

 

 

整理してみた。

頭の中がテトリスになった。

 

 

スイミーの主役はお母さま.。.:*☆

 

しかしママたちは、スイミー第一歩目を、先ずはお子様を最優先にご参加される。それは間違いなく、愛情以外の何物でもない。

 

わたしもスイミー初参加は、スイミー代表のベビマだった。

 

その他にも、お子さまが主役のサロンは、助産師mikan先生の発達あそび、大人気あきこ先生の美声リトミック、脳科学を取り入れた保育士nico☆先生の脳育クラス、そしてスイミー保育園(愛称)など、継続して通えるサロンがいくつもある。

 

 

託児付きのサロンもスイミーの顔。

 

完全にお母さまの自分時間を確保できる。

 

 

しかもエクササイズでリフレッシュ!

 

バレエとヨーガとダンス、ママたちは見る見る美しく変身されてゆく!!

 

 

そして究極の、プライベートサロン。

 

三人の先生がタッグを組む。

もしも体が壊れて、心さえもクタクタになったら、助産師mikan先生も理学療法士maki先生も、ご自宅訪問してくださる。

 

アナログなはずのスイミー代表も、すみいみゆきコーチングではオンライン対応されてして、お母さまお一人お一人のために、気軽にSOS発信できる環境を整えてくださる。

 

 

わたしはスイミーで自分を取り戻せた。

 

第一子が小学生になり、順調におばさんになり、平穏な毎日を手に入れた。そんなわけで、もっぱら“お楽しみ枠“の常連さん。

 

 

takaeさんのアロマワークショップをやりながら、くに先生のヨーガを味わえたり、頭の中にはスイミー式コーチング、体の中で色んな先生がわたしを支えていてくださる。

 

 

とにかく、健やか。

 

一人じゃないって、とにかく助かる。

 

明日お米が無くなったとしても、誰かにもらえる。

 

 

大都会なのに、ほっこりコミュニティに暮らしている。

 

スイミーは妊婦さんから入園するまで、ざっと3~4年は通える。

 

その後は講師になったっていい。

 

思いも寄らない可能性を秘めている!

 

 

スイミーって面白い

 

こんなの他にあるのかな?

 

参加しながらスタッフやりながら、ひろば作りながら、スイミーって何だろう、と興味津々が止まらない。

 

 

 

投稿者:fumi

TOP