2020年4月26日

今はオススメしない映画3選

今日はオレンジのアイシャドウで、

目尻にピンクをプラスしてみました。
#enjoyhome のfumiです。

 

 

コロナで映画を観る時間が増えました。

ママになる前に戻ったみたいで、

趣味が復活して嬉しいです。

 

3月、人生初の外出自粛の週末を経験し、ふと何だか「世界が終わってしまう」ような気がしました。ドヨーン

 

それで、最初に観たのが、
ラース・フォン・トリアー監督の

『メランコリア』でした。

 

私は、飛行機が苦手なこの監督が好きです。
この作品は鬱三部作と言われるものの一つで、どうしようもなくドヨーンなお話しです。

 

芸術家って痛みを作品に昇華できるから素晴らしいですね。

 

もしコロナで世界が終わるなら、どんな感じなんだろう。そう思って、この作品を選びました。

 

これを最初に観ていたので、

その後さほどコロナに参っていません。

 

とは言え、凹映画なので今はオススメいたしません。

 

 

次のオススメしない映画は、
『コンテイジョン』です。

 

コロナの挙句、という感じです。
だから、やっぱり今は観ない方が良いです。

 

ただキャスティングは素晴らしく、私は特にマリオン・コティヤールという、フランスの女優さんが好きです。
日本だと竹内結子さんかな。

 

この映画は、ある動物のフンが鍵になっているので、観た翌日から鳩のやらカラスのやら、道に落ちてるフンに恐怖を感じました。

 

 

3本目のオススメしない映画は、
インドのテロの実話『ホテル・ムンバイ』です。

 

テロというだけで、もう溜め息。
実話好きの夫が、どうしても観たいというので、かなり覚悟してかかりました。

主演がデーヴ・パテールだったのがせめてもの救い。

 

予定通り観賞後はどっと疲れました。
さらに現実もコロナなので、気持ちは凹むばかり。何だかな〜

 

と、以上がオススメしない映画3本です。

 

 

映画みたいな今日を生きていると、

実話とか終末映画は避けた方が良いですね。

 

 

今日は、
コロナの報道を横目にしつつも、
可愛い子供たちを連れて、
肥えてしまった夫と手を繋ぎ、
鮮やかに堂々と咲いているツツジやらチューリップやらパンジーの名を呼んで、
光合成を兼ねて太陽を浴びながら、
目的の無いお散歩をしました。

 

12時出発、4時帰宅。

 

今日も何でもない一日でしたが、

とても良い一日でした。

 

良い一日、良い時間、良い瞬間を重ねて重ねて、時が過ぎて行けばよいなぁと思います。

 

今日も私の人生の一日だから、心穏やかに、愛する人達と、にこやかに生きていたい。

 

 

あ、あと今日は初めてやってみたことがあります。

 

路上ライブです。

 

渋谷はグッと人が減ったので、無観客ライブです。
ベビーカーを押しながらではありましたが、
友達と行くカラオケの声量で、歌ってみました。

(夫は無反応、5歳息子には不評、3歳娘は午睡中)

 

曲は、
鬼束ちひろさんの『月光』と、
やなせたかし先生の『アンパンマンのマーチ』です。

 

どちらも素晴らしい歌詞。
自分で自分の歌に感動しました。
チョ〜気持ち良かったです。
夢を追う若者の気分を味わえました。

 

路上ライブは、オススメです。

 

 

 

投稿者:fumi

TOP