2020年10月20日

【開催報告&募集12/22】体にハッピーな抱っこ♡

こんにちは
助産師mikanです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

肌寒い季節になってきましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

寒くなるこれからの季節
抱っこで心も体も温めて
楽しく過ごしていけたらと思って

 

体にハッピーな抱っこの仕方

を開催いたしました。

 

今回は3~4か月の3組の親子さまにご参加頂きました。
ご参加ありがとうございました。

 

 

参加されたママのお悩みは
「1日中抱っこしていてなかなか置けない」
「肩も腰も辛いし、両手首が腱鞘炎」
「素手抱っこがうまくいかない」
などなど。

 

みなさん
とってもお子さん思いで
日々の子育てに頑張っておられました。

 

ママたちにもっと楽な抱っこをマスターしてもらうべく

今回も盛りだくさんの内容でお伝えしました。

 

 

内容はこちら↓

 

・ママと赤ちゃんが快適な素手抱っこの方法
月齢ごとのポイント
腱鞘炎になりにくい腕の使い方
まるまる抱っこ、縦抱っこ

・背中スイッチの正体
スイッチの入りにくい着地方法
赤ちゃんにとって快適な寝かせ方

 

・抱っこ紐の種類とそれぞれの特徴
赤ちゃんとママの快適ポイント
① 高い位置で、②背中はCカーブ、③脚はM字開脚、④首を支えて、⑤お手ては口元に

 

・抱っこ紐体験
へこおび(さらし)

おくるみ

スリングをそれぞれ体験

 

・お持ちの抱っこ紐の使い方相談


 

今回、抱っこ紐体験でご紹介した抱っこ紐はいずれも、布で赤ちゃんを包むタイプの密着型。
ピッタリとママに抱っこされた赤ちゃんはみんな幸せそうで、オキシトシンが充満し、お部屋が幸せオーラに包まれました。

 

実際に密着抱っこを体験したママたちからは
「すごい密着感!!」

「こんなにきつくてもいいんですね」
「これなら家事できそう」

「何時間でもいけそう」

 

などの声が聞かれ、

今からすぐに使えて、

今より生活がラクになる方法を見つけてくれたようです。

 

お帰り支度中には、今お使いの抱っこ紐をより快適に使うためのワンポイントアドバイスもさせていただきました。

「実際、どれがおすすめ?」

といったご質問にもお答えしました。

 

どの抱っこ紐にも必ずメリット、デメリットがあります。
その点をしっかり認識した上で、

ママと赤ちゃんに一番合うものを選択できるようアドバイスしています。

 

ママからは
「こんな風に体系的に抱っこを習ったのは初めてです」

といった声が聞かれ、

 

「昨日はありがとうございました。
今まで素手抱っこしているのが辛かったのですが、今日、教えて頂いたまん丸抱っこで寝かしつけしました!
身体の辛さもなく、抱っこ紐やおっぱいではなく、自分の腕の中で眠りにつく様子を見てるのはとっても可愛くて幸せな時間でした。
抱っこ紐についても沢山試す事ができて良かったです。
ありがとうございました。」

というご感想も頂きました。

ありがとうございます♡

 

抱っこって、
沐浴や授乳と違って

習う機会がなかなかないので
どうしても自己流になりがち。

 

自己流でママも赤ちゃんも快適に過ごせているのなら良いのですが、

少しでも違和感を感じていたり、

抱っこが苦痛になっているなら見直すチャンスかもしれません。

 

これからも続く抱っこ生活が

今よりもっと快適に

そして幸せなものになりますように

 

盛りだくさんの内容を詰め込んだこちらの講座。

 

これからも、

抱っこマニアならではの視点で
たくさんのママと赤ちゃんに

抱っこの心地よさを伝えていきたいと思っています。

 

 

次回の開催は
12月22日(火)10時~11時30分
渋谷区本町にて、3組さま限定で募集中。
お申込みはこちら

 

他の日程で開催のご希望がありましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。
ご要望をくださった方と調整して、開催したいと思っています。

 

 

【今日のまとめ】
抱っこに我慢はいりません

楽になる方法を一緒に見つけましょう。

投稿者:助産師mikan

TOP