2021年1月14日

赤ちゃんの手足が青紫色に!? 温めるよりも○○が大事

赤ちゃんの手足が青紫色になって
驚いた経験はありませんか?

 

冷えているのかな?

と心配になりますよね。

 

実は、

これは

末梢性チアノーゼといって
手足の先が
酸素不足に陥っている状態。

 

 

まるで網タイツを履いているように
手足の細かい血管が
浮き出て見えるときも同じ。

 

こんなふうに

赤ちゃんの手足が青紫色になるのは

 


呼吸と循環のSOSなんです!!

 

これを改善するには

酸素を手足の先まで届けることが大事。

 

その具体的は方法は2つ

 

①深い呼吸を促す
②手足のマッサージ

 

です。

 

①深い呼吸を促す

 

深い呼吸がしやすい姿勢に変える

歩き始めるまでの赤ちゃんは
背中に丸いカーブのある姿勢が
1番自然体!

 

背中の丸いカーブを保ったまま
抱っこや寝床に寝かせてあげると
呼吸が深くなります。

 

 

次に

②手足のマッサージ

 

手足の先から足の付け根まで
しっかり触って
循環を良くしていきましょう。

 

触ることで血流がアップし
手足の循環がよくなりますよ。

 

この写真の赤ちゃんも
マイピーロという赤ちゃん枕で
首をサポートしながら
スリングでまるまる抱っこしていたら
すぐにねんねしました。

 

 

そのまま
足のマッサージを続けていたら

 

 

赤ちゃんが心地よくなって
私もうれしかったです(^^♪

 

赤ちゃんの手足の色が気になる方は
ぜひお試しくださいね❣️

 

 

☆妊婦さんとママのための助産師訪問

随時受付中

感染対策を徹底して訪問しています

お申込みはこちら

(みかん助産院のお申込みページに飛びます)

 

 

【今日のまとめ】

赤ちゃんの「心地よい」は作れます

投稿者:助産師mikan

TOP