2021年1月7日

わたしにしかできないこと

私にしかできない事は、
我が子の鉛筆削りです。

 

美しく刺さるほど尖るでもなく、

 

この削り具合は、私にしかできません。

 

夫に任せたら、きっと鉛筆削りの思うがままに尖らせることでしょう。

 

手元がフワっと軽くなるアノ瞬間まで尖らせる、のではなく

 

この削り具合が、うちの子のベストなんです。

 

 

6歳の息子は、たまに絵を描き、たまにラブレターを書き、極たまに観察日記を書きます。

 

最近では、私の買い物リストを書くように仕向けています。

 

親の思うようには書いてくれません。

 

彼の気が向いた時に、いつでも気持ちよく書けるように

 

私は夜な夜な鉛筆を削ります。

 

もしかしたら彼らは、鉛筆はいっつも同じ尖り具合をキープしている、と思っているかもしれません。

 

 

年明けなのに、ものすごく些細なブログになってしまいました。

 

年末年始とは言え、緊急事態宣言再発令とは言え、

 

毎日子育てすることにゃあ変わらんのだよなぁ、と思いましたので。

 

わたしにしかできないこと、って結構あるな、と思いましたので。

 

 

前回の事態(2020年4月5月)では、わたしにできることを一生懸命探し出しました。

 

今回の事態では、よりトンガらせて、わたしにしかできないことを見つけてみようと思っています。

 

 

歴史の中を生きていますね、私たち。

 

 

投稿者:fumi

TOP