2021年3月4日

まちがえるのをもとめるのがいい

 

今日のブログのタイトルは、6歳の息子の言葉です。

 

「間違えるのを求めるのが良い」

 

意味は、間違えてもそれが間違えたと分かるので間違えても良い、だそうです。

 

私「保育園でそう習ったの?」
彼「ううん(違う)どこかに書いてあった」

 

 

私は彼に、
間違えてもいい、失敗してもいい、そこから学ぶことはたくさんある。間違えたから正解を勉強したくなるし、失敗したから成功したくなる。間違えと失敗は、あなたの人生を豊かにするのよ。

 

と小学校6年間をかけて教えようとしていました。

 

教えようとしていたので、まだ私の中でもまとまりがなく、どんな言葉にすれば良いか迷っている最中でした。

 

そしたら今夜です。

 

彼「まちがえるのをもとめるのがいい」

ラテンの原文を翻訳したかのよう。

 

教えることが無くなりました。。。6年間どないしまひょ。。。

 

このアリストテレス息子の言葉は、

 

私が彼の風呂上がりに、肌着とショーツを箪笥から出してしまい、
そもそも彼ができることに、わざわざ私が手を出してしまった、という“間違い”に気づかれて発言されました。

 

過保護がバレた宵の口。

 

 

そう言えば、

私が彼に教えたことって何だろう。

 

9割くらい保育園に育ててもらったからなぁ、

 

・友達になりたいなら自分の名を名乗ろう。
・友達の名前を忘れたら何度でも聞こう。

・痛いときは泣こう。
・チョコレートは虫歯になる。
・寝坊したら遅刻する。
・鼻のかみ方
・上着の着方
・鬼とかオバケ
・人は死ぬ
・家族はチーム
・私はあなたが大好き
・自分で考えなさい
・あなたとあなた以外の人はそれぞれ違う

・日本語と英語以外にも言語がある
・かき氷を2杯食べると下痢する
・「ありがとう」は気持ちが良くて嬉しい
・ガンダムはいる。

・世界には国がある

・バルト三国のラトビア
・アニメーションはピクサー
・怪我したら血が出る

・食べることは生きること

 

つらつらと長くなってしまいました。もっとマトモなことも教えたはずだけれど。

 

6年間あっと言う間だったなぁ。

 

小学校の6年間もこんな体感かなぁ。

 

もっと抱っこしておけば良かったかなぁ

 

と、慌てて抱っこし始めた2021年3月です。

投稿者:fumi

TOP