2021年8月8日

ちぇッ、台風でキャンプ中止。

写真は、去年の海です。

 

 

三連休、いかがお過ごしでしょうか。

 

千葉県勝浦のキャンプ場を、早々にパパが予約していたのに、台風10号の影響で中止になりました。

 

最近インスタ飯にハマっているので、アレを作ろうコレもつまもう、とブックマークしていたのに。

 

ちぇッ

です。

 

行くゾ!と気合も必要な子連れキャンプですが、

行くゾ!となってからは、それなりにウキウキするのが人の心。

 

それがキャンセルとなると、なかなか気持ちの切り替えが大変です。そんな時、あ〜歳をとったなぁと自覚します。

 

変化に心身がついていくのに、ちょっと時間がかかるようになりました。

 

 

 

子ども時代の嫌な記憶。
親が授業参観に来てくれなかったこと。

 

悲しい思い出として、いまでも覚えています。
その時の景色を思い出すと、嫌な色で描かれます。

 

きっとその記憶のせいで、私が親になってからは、イベント行事は当日に実行が確定してから、子どもたちに告げています。

 

彼らの期待を裏切らないように、失望させないように。

 

 

 

そして今回のキャンプ中止。

 

4才の娘には既にキャンプがバレていたので、私は彼女に中止を告げるのが、とても億劫でした。

 

 

私「台風とか予期せぬ変更もあるから、やっぱり事前に言うの(お楽しみ予告)止めたいんですけど」

 

パパ「そんなこともあるよ」

 

私「(娘に)何て言おう」

 

パパ「そのまま言えばいいよ」

 

私「すっごくがっかりすると思う」

 

パパ「そうだね」

 

私「泣かれたらどうしよう」

 

パパ「うん」

 

私「かわいそう」

 

パパ「計画して、それが中止になることもある。それは普通のことでしょ」

 

私「台風でキャンプに行けなくなったよ、って言う?」

 

パパ「そう。仕方ない」

 

私「ん〜」

 

パパ「そのまま言っていいよ」

 

私「ん〜」

 

パパ「本当のことをそのまま言えばいい」

 

 

 

私は本当のことをそのまま言ってみました。

 

ちょっとドキドキしながら。
なぜか罪悪感みたいなのも持ちながら。

 

娘は、、

 

「たいふーってなぁに?」

 

「ちゅうしってなぁに?」

 

「今度からテルテル坊主を作ろうね!」

 

彼女なりに解決策を見つけていました。

 

 

 

がっかりすることがあってもイイし。
計画が当日変更になることもアルし。
親は準備をして、でもデキナイこともある。

 

それらはすべて普通のこと。

 

 

 

ありの〜ままの〜♪

 

娘とアナ雪を歌ったら、

 

あの日、授業参観に来なかった親のことを許せました。

 

 

 

悲しいこと辛いこと、自分ではどうしようもないこと、があるのが人生ですね。

 

 

 

ひろばの方へ

私のキャンプ情報をシェアします↓

(プライベイトなので鍵ブログにしました)

・・・もっと見る。ひろばログインして続きを読む。

投稿者:fumi

TOP