2021年11月29日

485の1

これは485日後に引っ越しをする家族の実話である_

This story based on a true story.

 

4人家族構成員
マミィ(40代)

ダディ(50代)
アニィ(小学1年生の兄)
イモゥ(年中さんの妹)


 

エピソード1.
SYC.

 


 

 

 

どこに引っ越すか_

 

 

 

そりゃ渋谷区でしょ。

だってマミィは渋谷が大好き。

 

渋谷に住みたくて二度も上京を果たした九州生まれの彼女。

 

「生まれた土地は選べずとも、暮らす土地は選びたい」

 

彼女にしっくり来たのは、Shiuya Cityだった。マミィにとって渋谷はNYC.

 

代々木公園をセントラルパークと呼んでいる。

 

マンハッタンにも合衆国にも行ったことはないけれど、彼女はニューヨークに住んでいる。と思っている。思うのは自由。

 

 

引っ越しをするということは

・アニィの小学校問題
・ダディの職場問題
・マミィの気持ちの問題
が重大案件。

 

 

ここで夫妻の物件の好みを説明する。

 

ダディの条件
・広い
・新しい
・戸建てもあり
・閑静

 

マミィの条件
・マンション
・2階以上4階未満
・家賃に上限あり
・渋谷区内

 

まぁ違う。二人はまったく価値観が違う。

 

そこで夫妻は話し合った。

引っ越しに際し、何を優先し何を譲るか。

 

 

結論「小学校を優先し、広さは後回し」

 

 

もしも、この答えが揺らいだ時はどうするか。さらに夫妻は話し合った。

 

 

対処法「小学校の校歌斉唱」

 

 

アニィはコロナ禍入学で合唱自粛にも関わらず、早々に校歌を覚え、クラスのみんなの前で発表したことを褒められた。

 

それは、小学生の親になれた夫妻が最初に嬉しかった出来事だった。

 

あの歌を口ずさめば、きっと渋谷区と言えども、どこかしらに住まいが見つかるはず。

 

そう信じて_

 

 

 

さあ果たして、485日後に彼らは渋谷(SYC.)に住んでいるのか。

 

この話が誰の何のためになるのか。

 

実録485日の初日は

校歌斉唱する家族のシーンで

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:fumi

TOP