2021年11月29日

485の2

これは485日後に引っ越しをする家族の実話である_

This story based on a true story.

 

4人家族構成員
マミィ(40代)

ダディ(50代)
アニィ(小学1年生の兄)
イモゥ(年中さんの妹)


 

エピソード2.

 


 

 

 

マミィの引っ越しが始まった。

もう!?

 

引っ越しまでにはまだ1年5ヶ月あるよ?

 

渋谷区内に越すには、まず間違いなく狭くなるだろう、と踏んだマミィ。

 

物を捨てることにした。

 

いや正確には、物を捨てるのが主ではない。

 

現在の住まいに空を作ろうと考えた。

 

マミィは空をググった。

 

 

空(くう)の意味

何も存在しないこと。

また、そのさま。

うつろ。

   _goo国語辞典

 

 

4人家族の現在の間取りは、

・ダイニングキッチン

・在宅ワークスペース

・子供部屋

・衣装部屋=リサイクるん保管所

・寝室

・キャンプ道具倉庫

渋谷にしては広い物件。

 

 

マミィの見立てでは、引っ越したら今の3分の1の広さを覚悟している。

 

「半分以上、捨てなきゃ!」

 

 

押し入れの上段から

DVDとBlue-ray40枚入りダンボール13箱を出した。

 

キッチンの収納棚から

ロングステムのワイングラスやら、花彫りで洗うのが手間なお皿やら、使わない箸置き、引き出物のティーカップセットを出した。

 

 

先ずは眺める。

 

 

520本あればレンタルショップができるか?

 

高いワイングラスは売れるか?

 

 

次に空想してみた。

 

 

レンタルショップ店員に扮したマミィの心の声。

「あれ!?TSUTAYAのエプロンって何色だっけ?あぁそー言えば学生の頃、大好きだった人がバイトしてたなあ。彼どうしてるかな?映画監督になる夢は叶えたかな?今も東京にいるのかな?」

 

 

フリマアプリをググるマミィの心の声。

「え〜っと、あ〜やっぱり会員登録しなきゃだわ。登録方法は〜。メールアドレスで登録。Googleで登録。Facebookで登録。あ!Facebookで検索したら、あの彼のページの近況を知れるかもしれない。閲覧履歴って残るんだっけ?アレそれってmixiだっけ?mixiのアカウントまだ持ってたかな?」

 

 

空想が要らん方に逸れに逸れたので、

 

TSUTAYAもメルカリもせん!

 

 

マミィは食器を捨てた。

 

TSUTAYAはダディの所有物なので、彼のワークスペースに「邪魔だな捨てよう」と自ら自ずと思えるように配置した。

 

 

押し入れ上段と、

キッチンの収納棚に、

goo国語辞典通りの空(くう)ができた。

 

「VACANT」の張り紙をペッペ。

 

 

それから数日後_

 

 

押し入れは子供達の基地になった。

 

空想マミィから生まれ出た空想兄妹。

 

彼らはそこを「ツリーハウス」と名付けた。

 

「あらいいじゃない楽しそう」

 

押し入れで遊ぶ兄妹を見て、木の上で暮らすのも楽しそう、と思ったマミィ。

 

明治神宮に引っ越せたらいいのになぁ、と恐れ多い空想に突入した。

 

 

 

さあ果たして、485日後の家に屋根はあるのか。

 

この話が誰の何のためになるのか。

 

実録485日の2日目は

押し入れから布団の上にダイブする兄妹のシーンで

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:fumi

TOP