2022年5月4日

赤ちゃんに食事のマナーを伝える方法

スプーンやお皿で遊んだり
スプーンをわざと落としたり
食べ物を投げ飛ばしたり
すぐに立ち上がったり


困った行動ばかりする

 

でも、
まだ赤ちゃんだし
怒っても仕方ない?

こういうときどうしたらいい?

 

と質問を受けることがあります

 

まずお伝えしたいのが

 

赤ちゃんにとっては
生活そのものが遊びだということ


食べることも遊びのひとつなのです

また、
赤ちゃんにとっては遊び=学び

なので

 

食器や食べ物で遊びながら
食べるために必要な機能を

学んでいるのかもしれません

 

決してママを困らせよう

としているのではなくて

学びたくてやっているということ

 

物を落としたらどうなるか知りたいし
投げたらどうなるのか知りたい

 

スプーンや食器がどんな性質で
どんな硬さでどんな音がするのか
すべて知りたいと思っているのです

 

だから、賢い子に育てていくためには

ある程度は付き合うことも必要ですが

 

とはいえ、少しずつ
食事のマナーも教えていきたいですよね

 

 

ということで

具体的な教え方についてです

 

 

もし、赤ちゃんが
食事中にスプーンを投げたら

 

一度目は

 

「それはスプーンだから投げないよ」

 

と短くきちんと言葉で伝えます

 

 

もし、

その後も繰り返すようなら

 

もう何も言わず

何のリアクションもせずに

淡々と落ちたスプーンを拾うだけ

 

赤ちゃんはママにスルーされることが
一番嫌なので

だんだんやらなくなります

 

そして、
スプーンを投げずに

最後まで食事ができたら

「今日はスプーンを投げずに

最後まで食べられたね」

 

とその行動を肯定し

笑顔で伝えるのが大事

 

これによって、

 

赤ちゃんはスプーンを

投げたらスルーされるけど
投げなかったら

ママが喜んでくれる

と認識していきます

 

ただ、これだけだと

 

赤ちゃんの

「何かを投げたい!!」
という欲求は

満たされていないので

 

あそびの場面で

この欲求を満たすように
関わってあげてください

 

ボールあそびをするのもいいと思います

 

スプーンは投げたらダメっぽいけど
ボールは投げたらママが喜んでくれる

 

投げていいものは

ボールなんだ

と認識していきます

 

こんな感じで

好ましくない行動をしたときにはスルーして
好ましい行動をしたときには肯定していく

 

こうして少しずつ世の中のルールを
学んでいったらいいと思っています

 

離乳食のご相談も

LINEで受け付けています

 

LINEのご登録でもれなく
心と体が育つあそびのレシピもプレゼント中

LINEのご登録はこちらから

 

【今日のまとめ】

赤ちゃんに効く伝え方を学ぼう

投稿者:助産師mikan

TOP