2021年1月30日

卒園ブログ02>係を分ける

 

前回の

グループLINEのつづき

です。

 


 

卒園式のことを問うたら、
卒園式そのものに対する答えが返って来た。

 

・とにかく素敵なものにしたい
・先生方に感謝を伝えたい
・出来ることが限られているが、その中で子供達の思い出になる式にしたい

 

 

あぁきっと卒園式は成功する☆

 

 

私は気づいてしまった。

 

これ以上、私にやれることはない。

 

 

そこでこの貴重なご意見を

園に丸投げすることにした。

 

そしたら、夫が止めた。

 

まとめなさい。

そりゃそうだね。

 

私はすぐ丸投げする癖があるので、それを夫に見抜かれた。

 

貴重なご意見を園に届けるために、回答書を作成した。

 

 

 

お迎えが遅くなってしまった日、門の前で園長先生に遭遇した。

 

私「これ持って帰ります?」
園「もちろんもちろん、いやぁありがとうございます!」

 

代表然とできない自分が情けない。

かっこ悪い渡し方になった。

 

しかし園長先生は、飛び跳ねるように喜んで受け取ってくださった。

 

 

あぁ卒園式は成功する。

と再び思えた。

 

 

回答書を手渡したら、肩の荷が下りた。

 

帰り道のママチャリは軽快で、代々木公園を遠回りした。

 

 

 

それから、LINEには具体的で面白いアイデアがピコピコ届いた。

 

よく思いつくなぁ、と感心しきり。

 

 

アイデアを全部並べてみたら、5つに分類できた。

 

これこそ!丸投げできる。

 

 

5つの係を作った。

 

17家族 ÷ 5つの係=3~4人/係

 

ちょうど良い数式に思えた。

 

 

私は早速グループLINEした。

「5つの係に分けました。私は4番のムービー係をやります(挙手のイラスト)」

 

返信LINE、続々。

 

「2番の寄せ書き係に立候補します」

 

「3番の記念品係やらせてください」

 

「1番のお花担当希望します!」

 

「お花係が多いようなので、5番の当日進行係に移動しますね」

 

「お役に立つか分かりませんが、ムービー係をお手伝いします」

 

 

1)花束係
2)寄せ書き係
3)記念品係
4)当日進行係
5)ムービー係

 

すぐに決まった。

 

一度も集まらずに、グループLINEで秒で決まった。

 

すごっ

 

 

日本人は挙手しないのでは無いか、と自分の偏見が恥ずかしかった。

 

そう、17家族の共通点は一つだけではなかった。17家族はみな我が子が大好きなのだ。

 

手は自然に上がった。

私はまた肩の荷が下りた。

 

係の名簿を眺めてみると、私には正確なパズルに見えた。名簿で缶ビール1本飲めるくらい、完璧な人員配置。

 

さらに、どうせ一人ぼっちだろうと諦めていた私のムービー係は、何と3人でやることになり、もはや映像は完成したも同然だった。

 

 

私にはアイデアが無い。
0から1を生み出せない。
1からなら2にも5にも膨らませる。

 

 

ちょうどその頃、私はふれ愛ベビマを完成させ、もくもくコーチングの編集中だった。

 

iMovieという映像編集ソフトを使っている。
中学生でも使えるくらいのソフト。

 

FinalCutProで鍛えられ挫折した私からすると、iMovieはLINEに等しい。

 

そして、このもくもくコーチングが、まったく思いがけず卒園式に役立つこととなる。

 

また長くなりそうだから、

次回へ

すぐつづく。

 

 

 

 

 

投稿者:fumi

TOP