2021年5月7日

といちゃん(1)PCR陰性の巻

といちゃんは、わたしの4歳児娘。

 

娘の名前に、「と」の字も「い」の字も付いてないのに、

 

といちゃんは、といちゃんを、といちゃんと呼ぶ。

 

といちゃん成長の記録、第一回目はPCR検査を受けたお話。

 

結果は、見立て通りの陰性。

 

それはちょうど、2回目の緊急事態宣言の最中だった。

 

 

▶︎▶︎
2021年3月某日

 

といちゃんは、濃厚接触者に分類されてしまい、保健所から2週間の自宅待機ルールを言い渡された。

 

電話は保健所からではなく、渋谷区に委託されたPCR専門かコロナ対策か何かの代行業者からかかってきた。

 

と思う、たぶん。
気が動転していて、当時の記憶は曖昧。
かつ、手書きメモは既に廃棄してしまった。

 

その電話、相手の顔がたとえ見えなくても、信じられた。

 

PCR検査のご案内詐欺は、まさか無いだろう。

 

といちゃんの検査場所は、JR総合病院だった。

 

JR総合病院に駐輪場は無い。

ご注意ください。

 

正面玄関から腰を低くして入ったら、警備員さんに見破られた。

 

さすが病院関係者。
濃厚接触者を判別できる警備員さん。

 

宝探し風の、PCR検査入り口地図を渡された。

 

秘密の場所は、ぐるっと回って反対側だった。

 

 

▶︎▶︎
トホホ

 

といちゃんを連れて、踏切を2回渡って、ぐるっと反対側に行くのに、ものすごく時間がかかった。

 

さすが4歳児、分速6歩。
季節は春、といちゃん道端のツツジを愛でる。

 

検査時間ギリギリ、入り口には汗だくで滑り込みセーフ。

 

インターホンの押し方、名乗り方、ご案内通りの手順で自動ドア開けゴマ。

 

Opened.

 

 

そこは、とても静かだった。

 

 

スキップルンルンといちゃんを制して、粛々と受付へ直行し書類に記入した。

 

受付の方のリスクを想像すると、頭が下がった。

 

拝借した消毒済み鉛筆にも、頭が下がった。

 

PCR検査の順番を待つ待合室に入ると、そこには、

 

 

 

 

 

といちゃん(2)へ続く。

投稿者:fumi

TOP