2020年9月26日

グラニーさんのお話 #お金

スタッフのfumiです。写真は2018年2月の、グラニーさんと私の娘です。

 


【主な登場人物】
グラニーさん(77)私の母。
私(41)グラニーさんの娘。

 

【前回のあらすじ】
介護付き有料老人ホームから、療養型病院へ転院することになったグラニーさん。ケアマネさんの計らいにより、私は2つの惑星病院と面談。コロナ禍でも面会の手段がかろうじてある、ナブー病院(仮称)を選択したのであった。


 

グラニーさんの旦那様(私の父)は、6年前にご逝去されました。

 

グラニーさんはショックのあまり、その日の記憶をご自身の中に閉じ込めてしまい、かつボケちゃったので、以来一言も旦那様のお話をされません。

 

 

父はパッと亡くなりました。

 

 

せっかくなので『グラニーさんのお話』に、彼も登場してもらいます。

 

名前は、そぅだなぁ

 

私の大好きなポール・マッカートニーに肖って、“Grandude”のデュードさんにします。

 

 

デュードさんは、死を以てして私を大人にしました。

 

彼が最期に私に課した問題は、

 

葬儀、遺族年金、生命保険、法要、遺産、諸々。

 

難問ばかり、よくもまぁこんなにたくさん出題したもんです。

 

「スパルタじじい〜!」

 

私は天に向かって幾度も悪態をつきました。

 

 

ニッポンでは、老いても死んでも“金”がかかります。

 

本屋さんををソウイウ目で眺めてみると、んまぁ〜並んでいますこと!

 

例えば、
『葬儀・相続 手続きとお金』
『家族が亡くなった後の手続きガイド 最新版』
『親と子の相続』
『図解 親の財産を見つけて実家をたたむ方法』
『遺品整理士が教える 遺す技術』

 

タイトルの圧たるや!

 

 

当時の私は初産婦。

新しい愛らしい命をお腹で育てながら、難病のグラニーさんと天国のデュードさんのために奮闘していました。

 

ソウイウ本を何度パラパラ立ち読みしたことか。

しかし、レジに持って行くことは一度もありませんでした。

 

 

葬儀、遺族年金、生命保険、法要、遺品、土地、家屋、諸々。

 

大人気なくて、下手ッピで、恥かいて汗かいて、失敗して、具合悪くなって、自律神経すり減らして、何とか課題を、、、こなし、ま、した。

 

あまりの課題の山に私は「誰か助けて」と言い忘れてしまい。挙げ句の果てが鬱状態。

 

鬱は、貞子の井戸に似ています。
私はホラー映画『リング』も好きです。

 

脱線しました。。

 

 

獅子は我が子を千尋の谷に落とす

 

ガオー

 

グラニーさん夫妻は、子どもへの人生勉強のさせ方がパナイです。

 

何ちゅう高さの崖から突き落とされとるんやろ私。

 

 

私が声を大にしてお伝えしたいことはですね、

 

「お金のこと、死ぬこと、生きてるうちに家族で話そう。ついでに保険の内容も確認しとこう」

 

です。

 

 

話す、これ一番の得策です。

 

そいでもって、この“話す”がめっちゃ大変です。

 

話すも大変
話さぬも大変

 

さぁ、どっちを選びますか。フフフ

 

 

もし、話すならば。

 

私のオススメは、お正月です。

 

新年でお屠蘇で炬燵で、めでたい正月に最も相応しくない”死”を話題にするのです。

 

 

人は、わざわざ戦争しなくても病気にならなくても、必ず死にます。

 

私にとって死は、生の最後んとこの点みたいなイメージです。

 

 

デュードさんと私は、よく死生観について話をしていました。

 

 

ある年のお正月
私「死ってどう思う?」
D「恐ろしいねぇ」

 

またある年のお正月
私「最近の死生観はどんなでしょう?」
D「うーん、命が繋がると思えば怖くなくなったばい」
※D=デュードさんは、九州弁です。

 

 

グラニーさんと私は、あまり折り合いが宜しくなかったので、この大切な会話をしそびれました。

 

元気だった頃のグラニーさんの言動を思い出しながら、彼女にとって何が必要で、どんな最期が望ましいのか、正解が分からないまま、私は課題に取り組んでいます。

 

 

次回は、いよいよグラニーさんの入院篇です。

10月までお待ちください。

 

乞うご期待!

投稿者:fumi

TOP