2021年3月25日

しっぱいをあたまをつかってまとめること

また出た名言!

 

もう息子のことジーニアスって呼ぼうかな。

 

うちのジーニアスは私をいつも励ましてくれる。

 

その日、私は失敗した。

(と彼は思っている)

 

ハンバーグカレーを食卓に出したら、彼に「違う」と言われた。

 

は?

 

腑に落ちないけれど、食べてくれぬならばと、仕方なくハンバーグとカレーを分けた。

 

ぶ然とした私を彼は励ました。

 

大丈夫だよママ、
「失敗を頭をつかってまとめること」だよ。

 

は?

 

笑いをこらえつつ、名言をメモした。

 

 

ジーニアスがベビージーニアスだった頃、離乳食をちっとも食べなかった。しかも私は料理が苦手。ダブルパンチ。

 

料理は苦行になり、台所も嫌いになり、陥っちゃう自己否定。その頃はよく「息子は偏食くんなんですぅ」と自嘲していた。

 

当時まだ、みかん先生がスイミー講師をされていなかったので、肩の力が抜ける離乳食講座ももちろんなくて、彼女のブログもなくて、私が駆け込める寺もなくて、、、

 

先日、みかん先生の離乳食講座の録画を編集したら、大変に面白くって!編集作業そっちのけで見入ってしまった。

 

格闘したあの日の苦しさ悔しさ不安と怒りが原動力になって、今こうしてスイミースタッフをやっているのだなぁ、と再確認できた。

 

 

時を戻そう♪
うちのジーニアス

 

ハンバーグカレーのカレーは、レトルトだった。

 

確かその日は大人メニューで作りたいものがあったので、子どもメニューを手抜きした。

 

栄養が心配だったので、作り置きの手作りハンバーグをカレーの上に乗せることにした。

 

すりおろした人参を入れているから、我が家のハンバーグはほんのり赤い。さらに、ブロッコリーの芯をみじん切りにして入れ、さらに、パン粉が無かったので「おからパウダー」で繋いだ。

 

もはやハンバーグなのかな、これは?

 

栄養と愛情の塊肉。

 

ハンバーグとカレーを別々のお皿に取り分けたら、ジーニアスは「美味い美味い」とバクバクあっと言う間に平らげた。

 

口の周りはソースまみれ。

 

それを拭き取るのは、つい最近まで私の役目だったけれど、天才はもう6歳。

 

自分で自分の口をティッシュ1枚で拭いて、そのティッシュを丸めてゴミ箱に捨てることができる。

 

 

彼がもっと成長して、ハンバーグカレーの存在を知った時、あの日の母は失敗していなかった、と気づいてくれるかなぁ。

 

渋谷のココイチの看板を見て、あ!っとなり、電話をかけて来てくれるかなぁ。と妄想どんどん。ふふふ

 

ハンバーグカレーを成長の目安にした。

 

私は彼にハンバーグカレーをまだ教えないでとっておく。

 

彼の成長は私の楽しみでもある。

投稿者:fumi

TOP