2021年3月10日

卒園ブログ12>肖像権

 

歴史上の人物を育てていると思え

これは、認知症の母の教え。

 

息子が1つできるようになる度に「彼は天才だ」と心から思える。親馬鹿であることがこんなに愉快だとは知らなかった。

 

 

卒園ムービーを作っている。

 

完成した映像は、パスワード付き非公開YouTubeにアップして、そのURLを全体LINEにアナウンスする。ここまでが私の作業。

 

 

映像制作って孤独だなぁ、と毎度思う。コンピュータに向かって、ひたすらコツコツ作業。映像の中身、被写体やBGMは華やかだけれど、制作は地味。

 

先ず服装とか髪型がボサボサ。
コーヒーめちゃ飲む。
だいたい夜中仕事。
ほいで猫背。

 

パスワード付き非公開YouTubeは、17家族に許可を取る。

 

作っていいですか、ではなく
インターネットに載せて良いですか、の許可。

 

ここに映る17名の園児たちは、世界を救うスーパーヒーローになる可能性がある。ハリウッドスターや、ゴールデングローブ賞、ノーベル賞、ピューリツァーetc.彼らの将来にはあらゆる可能性がある。

 

かつ、万が一の映像流出によるイタズラの可能性も否めない。

 

そのリスクをご家庭で判断していただく。

ここは大袈裟に確認する。

 

 

卒園後も見て欲しい。
思い出したら見て欲しい。
懐かしいとか、可愛いとか、何か落ち込んだ時に見るのも良いかもしれない。

 

確かに生きてきた彼らの4年間の記録。

 

長い人生の中の、たったの4年間を10分間にまとめている。

 

まとめきれるもんじゃないけれど、彼らの輝かしい健やかな4年間の人生、そのダイジェスト版だと思ってテンション上げて編集している。

投稿者:fumi

TOP