赤ちゃんとおむつの話

開催日時

9月2日 (金) 10:00〜11:00

このサロンに申し込む

いつからトイトレって始めるべき?

 

トイレトレーニングは何をすればいいの?

 

幼稚園までにおむつは外せばいいのかな?

 

というトイレトレーニングが心配な方や、

 

 

紙おむつのゴミ問題にちょっと不安…

 

おむつかぶれがかわいそう安…

 

うちの子便秘がひどいんだけど…

 

と、赤ちゃんの排泄や、おむつに関してお困りの方に

 

ぜひ聞いていただきたい

 

お話し会のサロンです。

7歳、4歳、2歳、0歳児の4児のママであり、

 

「おむつなし育児アドバイザー」の講師が

 

実体験を交えながら、

 

つらく苦しいトイレトレーニングをしなくて済む、

 

自然なおむつ外しにつながるヒントをお話しします!

内容

赤ちゃんが産まれてから、毎日欠かすことのできないお世話ってたくさんありますね。

 

月齢が進み、成長と共に

 

赤ちゃんは感情や表情豊かにいろいろな事を伝えてくれるようになってきますが、

 

産まれたばかりの赤ちゃんは泣く事で欲求を伝えようとします。

 

「お腹が空いたよー!!」

 

と泣かれれば母乳やミルクを与え、

 

「眠たいよー!!」

 

と泣かれれば抱っこなどで寝つかせてあげます。

 

「オシッコー!!」

 

と泣かれれば…

 

どうしますか?

 

「『赤ちゃんは、オシッコが出ると気持ち悪くて泣くんですよ』と習ったので、すぐにおむつを変えてあげています!」

 

という方が多いかも知れませんが、

 

おむつを開けた途端に

 

シャー!!!

 

男の子の場合、ピュー!!!な事も!!

 

という経験がある方も多いのではないかと思います。

 

これはどういう事かというと、

 

実は赤ちゃんって

 

オシッコが出たから泣くのではなく、

 

オシッコがしたくて泣く事があるんです!

 

大人でも、トイレに行く時は膀胱に尿が溜まってくると

 

下腹の辺りに不快感を覚え、「快」の状態に持っていく為には排泄が必要です。

 

そのためには、社会的秩序に基づきトイレに行って排泄をしてスッキリ!!となりますが、赤ちゃんにとっても、同じなのです。

 


オシッコがしたいよー!!

うんちが出そうだよー!!!

 

という赤ちゃん達のメッセージに、ちょっとだけ心を傾けてみませんか?

 

赤ちゃんに心を寄せて

 

気持ちのいい排泄をさせてあげる事は、

 

自己肯定感を育む事にも繋がります。

まだ言葉では意志を伝えられない

 

赤ちゃん達との排泄を通じたコミュニケーションの取り方を、

 

講師の実体験を交えてお伝えしていきます!

開催場所

渋谷区の施設

対象

妊婦さんは、もちろん

0歳さんに是非聞いてほしい!

 

トイトレ苦戦中の方にも

費用

スイミーひろばの方

1,000円

 

スポット利用の方

2,000円

定員

7組

TOP