2020年11月2日

親子で快眠できる習慣づくりのヒント☆太陽の光を活用しよう

こんにちは。
助産師mikanです。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

親子で快眠できる習慣づくりのヒントを
シリーズでお伝えしています。

 

前回のブログ

「夜泣き・寝ぐずり・寝てくれない」は
「体内時計のずれ」と
「寝かしつけの習慣」が原因

 

体内時計を地球のリズムに
合わせることで

「日中は活動して夜は眠る」
ことができるようになる

とお伝えしました。

 

今回は

その具体的な方法についてです。

 

 

体内時計を
地球のリズムに合わせるには、

体内時計のずれをリセットする必要があります。

 

そのリセット方法とは

 

 

 

 


太陽の光を浴びること

 

 

太陽の光によって
体内時計のずれがリセットされ
地球のリズムにセットされるのです。

 

 

また、
太陽の光を浴びることで
セロトニンというホルモンが分泌されます。

太陽の光を浴びた約12時間後に
セロトニンは
催眠ホルモン「メラトニン」に変わります。

 

つまり、
朝日を浴びた12時間後に
眠くなり始めるのです。

 

 

夜、親子で快眠する準備は
朝起きるところから始まるのです。

 

 

太陽の光を浴びて起きた後は
どう過ごしたら
睡眠のトラブルが減るのでしょうか?

 

 

続きはまた次回。

 


 

親子で快眠したい方
授乳の悩みを解決したい方必見!
≪秋の特別企画≫
11/24(火)赤ちゃんとママのための睡眠・授乳
ブログでは書ききれない情報を
より具体的にお伝えします。
個別のご相談にも応じていきます。
お申込みはこちら

 

 

【今日のまとめ】
夜寝かせることより、

朝起こすことから始めよう

投稿者:助産師mikan

TOP